NEWS & TOPICS

2024.03.01 NEWS TOPICS

【黒留袖】意味合い・選ぶポイント紹介

列席者様衣装で、欠かせない黒留袖

今回は黒留袖の意味合い・選ぶときのポイントなどをご紹介します。

最も格式が高い正礼装(第一礼装)になるのが「黒留袖」です。

五つ紋が入った地色が黒の着物を指し、生地には地模様の無い縮緬を用いて、裾部分にのみ模様が入っているのが特徴です。

 

新郎新婦の親族が最も格式の高い着物を着用することで、お招きしたゲストに礼儀を尽くし、敬意と感謝の気持ちを表すという意味合いがあります。

なかなか着る機会の少ない黒留袖なのでどう選んでいいかわからないというお母様達も多いと思います。

 

留袖を選ぶポイントも紹介致します

 

・.鶴や松竹梅、鴛鴦などの縁起のいい絵柄をチョイス

【鶴】「長寿」の象徴となっています。 また、鶴は同じ相手と一生を添い遂げることから、お祝いの場にぴったりの柄といえます。

【松竹梅】おめでたい吉祥文様。 四季を通して青々と茂る常緑の「松」、天に向かってまっすぐに育つ「竹」、春に、真っ先に美しい花を咲かせる「梅」の組み合わせで、生命の輝きと力強さを表します

【鴛鴦】「おしどり夫婦」という言葉が使われるほど有名な鳥です。 その言葉どおりオスとメスが仲良く寄り添う姿から、夫婦円満の意味がふくまれています。

 

黒留袖には吉祥文様が入っていますので、どれを選んで頂いても相応しいですが

文様の意味を意識して選んで頂くとメッセージ性があり、気持ちを込めて着て頂けると思います

 

ぜひ一生に一度のおめでたい席で【黒留袖】を着用してみてはいかがでしょうか

RECENT POSTS

2024.04.11 NEWS TOPICS

パーソナルカラー【summer】が似合う オススメドレス

2024.04.04 NEWS TOPICS

パーソナルカラー【spring】が似合う オススメドレス

2024.03.28 NEWS TOPICS

ウェディング豆知識

PROMISE

何の憂いもなく
衣裳選びを楽しんでいただくために。

01

豊富な衣裳

02

人気ブランドのドレスも
ベストレート保証

03

毎月5組様限定で
持ち込み料を全額負担

PROMISE

何の憂いもなく
衣裳選びを楽しんでいただくために。

01

豊富な衣裳

02

人気ブランドのドレスも
ベストレート保証

03

毎月5組様限定で
持ち込み料を全額負担

CONTACT

相談会へのご参加やドレス見学など、
お気軽にお問い合わせください

TEL.
027-381-5641
FAX
027-381-5642
受付時間
[平日]10:30〜19:00 
[土日祝]10:00〜19:00
定休日
火曜日

〒370-0843 群馬県高崎市双葉町1-9